FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ボッティチェリとルネサンス展』と渋谷の街

先月、4/26に渋谷のBunkamura ザ・ミュージアム『ボッティチェリとルネサンス展』に行って来ました。

ボッティチェリ 

一緒に行った友人もデザイナーなので、
「ボッティチェリって昔のイラレのアイコンのビーナスちゃんよ。」
と言ったら通じました。(^^ゞ

渋谷の文化村もすごく久しぶり!

連休がまだはじまっていないのに会場はかなり混んでいました。
そして先日行った『ターシャ・テューダー展』と同様、お客のほとんどが年配の女性でした。

副題に『フィレンツェの富と美』とあるように当時の金貨も展示されていて、古い金貨でも今の時代のピカピカで綺麗!

そしてルネサンスの文化を支えたのがメディチ家。ということで、ボッティチェリの説明よりメディチ家の衰退とともにルネサンスの文化も終焉した。ということが興味深かったです。



お見当の『昔のイラレのビーナスちゃん』は、これです。

ビーナス 

美術の教科書にも載ってた『ビーナス誕生』ではなく、ビーナスだけを取り出したものでしたので、ちょっと寂しい感じ。

展示された作品はボッティチェリだけではなかかったのですが、みんなキリスト教の聖書が題材になったものなので、キリスト教にあまり馴染みがないので、それほど違いは感じませんでした。

でも子どもの頃、音楽の先生が言ってた「昔、芸術は全て神に捧げたものだった。」との言葉を思い出しました。




展覧会を見た跡、友人とお茶でもしようとお店を探しました。
彼女は昔、渋谷にあるデザインデザイン事務所に勤めていたということ。
私も若い頃、シブヤ西武に勤める友人がいて、しょっちゅう渋谷に来ていました。
でも、お互い「あれ?ここにあったはずのお店がない!」ということばかり。

馴染みのお店がみんな無くなっていたので、仕方なく、去年、姪っ子と一緒にヒカリエに行った時見つけた上の階になる喫茶室に行きました。

ここの階では全国のおそらく町おこしで出来たのであろうと思われる名産品を展示販売していて、このお店は、それらの商品を試食、試飲できてなかなか楽しいお店です。

そこで変わり行く渋谷の街を見下ろしながら、ジンジャエールを飲み、

ジンジャエール 

東急文化会館はヒカリエになり、東急プラザも先日閉店して
「なんか私たちの知ってる渋谷はもうないのね。。」
と年寄りくさい話をして来ました。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
Twitter
 
プロフィール

登夢

Author:登夢

今日の日付入りカレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

『雨のち晴れ』

福島県二本松市杉田駅前『金澤商店』のブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

月別アーカイブ
「東日本大震災」1クリック募金
1日1回、1クリックを!
「東北関東大震災」支援クリック募金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。