スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『FOUJITA』

昨日、25日の日曜にtwitterで

「東京国際映画祭の席、けっこう人気作品でも空いてる」

というつぶやきを見かけ、検索してみたら、なんと『FOUJITA』の26日の1回目の席が空いてたので、ネットで注文したら、真ん中の通路前右よりの結構いい席が取れた!

この1回目は上映前に監督や役者さんの挨拶もあり、これはラッキー! と思い、行って来ました。

TFF1026.jpg

東京国際映画祭に行くのは、もう10年以上前、渋谷で開催されていた時、友人からチケットをもらって行ったきり。

TFF1026-2.jpg

けっこう面白そうな作品がいっぱいある!

TFF1026-3.jpg

早めに付いたので、会場設営の様子をパチリ。
これだけでもかなりいい席だったのだとわかると思います。

当然、役者さん達の撮影は禁止。

オダギリジョーの背が高くて、オシャレでモデルさんのようだった。
(映画の中でも「こんな足が長い日本人、戦前にいるわけない!」と突っ込みたいくらいだった。(^^ゞ)


そして肝心の映画は、とにかく映像が綺麗!

監督が小栗康平だったので、期待できるな〜、とは思っていたけど、今までの作品の中で最高傑作になるのではないだろうか?とさえ思いました。

監督自身「藤田の生涯を追うような作品にはしたくなかった。」とおっしゃっていましたが、確かにストーリーらしいストーリーはなく、藤田嗣治という人を知らない人には何だかよくわからない映画。と思うだろうけど、

これは「見る映画ではなく感性で感じる映画」

と思いました。

作中には有名な画家の作品や映画のオマージュとも思われるシーンも多々有り、上映後のQ&Aでもそのことを質問する人がいたけど、これらも監督は「最近の映画は説明的なものが多いので、そうではないものを作りたかった」というような説明をしていたような・・・

それは洋画ならゴダールとかベルイマン、ヴィスコンティのような映画を言ってるのではないだろうか?と思いました。

カメラワークは小津安二郎を思わせるような感じだけど、私は、昔良く見た寺山修司の映画を思い出してしょうがなかった。。

10代の多感な頃、すごく寺山修司の詩が流行っていて、私も良く読んだけど、少女のようなロマンティックで感傷的な詩とは違う、人間のおどろおどろしたものを表現した抽象的な映像は目がテンになり、でも目をそらすことが出来ず夢中になった、あの頃をすごく思い出しました。

この映画は、そういった人の失われつつある感性を引き出してくれる映画ではないか?と思いました。


今年の5月に『片岡球子展』に行ったついでに、国立近代博物館の常設展で、藤田の戦争画をはじめて見て、びっくりし、本を買って来て、夏に戦争画の特集『誰がためにたたかう?』を見て、先日、『藤田嗣治、全所蔵作品展』を見て、今日は映画・・・

なぜこんなに藤田嗣治にハマってしまったのか? 自分でも全くわかりません。。。

ちなみに映画『FOUJITA』の一般上映は、11/14からで、今日のこの回の上映は、世界初の一般公開の上映だったそうな・・・

昨日の今日でこの展開は・・・(°_°) 呼ばれているのでしょうか?


今日は藤田に敬意をはらうため、久々に着物で行きました。
(でも『お祭り」なので、会場は私以外にも3人位、着物の方を見かけました。(^^ゞ)

スポンサーサイト
FC2カウンター
Twitter
 
プロフィール

登夢

Author:登夢

今日の日付入りカレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも一覧

『雨のち晴れ』

福島県二本松市杉田駅前『金澤商店』のブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

月別アーカイブ
「東日本大震災」1クリック募金
1日1回、1クリックを!
「東北関東大震災」支援クリック募金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。